愛想がない人の特徴を全て公開!無愛想な人のメリット&デメリットとは

愛想がないのって悪いの?無愛想な人について徹底公開

「愛想がない人って言われるけど、どんなことを言うのか知りたい。」

「無愛想な人の心理ってどういう風に考えているのか知りたい。」

など自分が無愛想と言われるケースもあれば、街の店員や、学校・職場の人が愛想がない場合に何を考えているかわからないケースって多くありますよね。

そこで今記事では愛想のない人の心理や特徴、メリット。デメリットについて深くお届けしていきます

愛想がない男・愛想がない女と言われた方も必見の内容になります!

 

愛想がない人の特徴&心理を大公開!

ではまずは愛想がない人ってどんな人なの?と思っている人はもちろん、無愛想…と言われるけど何が原因か知りたい人向けのコンテンツ。

第三者的にみて、愛想のない人とはどのような人を指すものなのか?を詳しくお伝えしていきます。

特徴はもちろんのこと、心理状態や言動にも細かくご紹介

 

何を思ってる?愛想がない人の心理&性格

まずは愛想が悪いとはどんな性格を指すのか?という部分を、何を考えているかという心理状態にからませてお伝えします。

無愛想な人の心の中を見たい人は必見です!

 

愛想がない人の心理&性格① 感情起伏が少なく、とにかくクール

無愛想の代表格というのは「クール」な性格の持ち主です。普通の人であれば喜ぶシーンなどで、クールな人の場合は表情に全くだしません。

本人の中では喜んでいるのですが、表に出すまでではないと思っているため、表情に現れないといった心理です。

「おはよう!」など他人の人がハイテンションでやってきたシーンなどで、一言「おはようございます。」と言ってそのまま終わってしまったりすると、クールが上に愛想のない人と思われてしまうのです。

クールな性格な人は無愛想な部分はあるものの、他人から認められたりすると他の人から信用されるという傾向もあります。いい意味で言うと冷静沈着な性格とも捉えられるでしょう。

 

愛想がない人の心理&性格② 他人はどうでもよく、無関心

クールな人と似て非なる性格が「無関心」タイプ。どんな時にも適当な感じに過ごすのが特徴と言えます。

他人のことがどうでも良いと思っているため、本物の愛想がないと言われる代表格と言えるでしょう。

例えば、他の男性や女性がハイテンションで喜んで、嬉しかった物に対して「そうなんだ」とリアクションも薄いです。

そもそも他人に興味がないため、自分以外のことに関しては熱中しません。反対に自分が興味にあることに対しては、感情を出して取り組むタイプでもあります。

無関心な人はそもそも、相手から見られることもどうでも良いと思われるため、お互いに割り切った関係になるケースが多いのが特徴の一つでしょう。

 

愛想がない人の心理&性格③ 本当は仲良くしたいけど、不器用

一番ややこしいのが本当は愛想を出したいけど、自分の素を出せずに失敗してしまう「不器用」な性格のタイプ。

本当は友達を作りたいと考えたいのに、緊張してしまい「そうですか」と一言で終えてしまって、愛想がないと思われることもしばしば。

話しかけてくるくせに、なんか愛想が悪く感じてしまうタイプにはこの傾向があり、本当は他の人も大好きという傾向もあります。

普段の会話では一言で終わるのに、LINEでは文章が長くなったりする人は他人と繋がりたい証拠。本当は愛想が欲しいですが不器用なため、無愛想と思われてしまうのです。

 

知らない間に無愛想?愛想がない人の行動&態度

内面に入った所で、ここからは外面の要素について深く紹介していきます。

普段何気なくとった言動や態度で、他人からみるとこの人は愛想がないなと思われてしまうことも多いです。

ではどのような行動が相手から見ると愛想がないと思われてしまうのでしょうか。ここからは愛想がない人の行動&態度について詳細にレクチャーしていきます。

 

愛想がない人の行動&態度① 話をする時に人の顔を見ない

大人数はもちろんのこと、一対一で接しているコミュニケーションを取っているケースです。

普段の何気ない会話はもちろんのこと、仕事でも会話をしている時に、目を見ずに資料やパソコンに向けて話をします。

この行動を取られた側は「この人は誰に話しかけているんだろう」「仕事が進めば良いと思ってるのかな」と思ってしまいます。

目で見て相手の表情を確認するのに関わらず、目を合わせないということは相手の感情の変化に興味がないと思われ、愛想がないと思われるでしょう。

 

愛想がない人の行動&態度② 挨拶をしても返ってこない

愛想がないと思われる典型的な行動の一つです。

学校や職場、イベント先など様々なシーンで、対面している相手が「おはようございます!」や「こんにちは!」と挨拶をしているのにも関わらず、何も返事をしません。

ここでイヤホンを付けていたり、なにか夢中になっていれば良いですが、聞こえているのにも関わらず返事をしない人は無愛想の典型です。

挨拶相手が、相手との関係性を作ろうと思ってるのに、それをないがしろにするため愛想が悪いと思われてしまう傾向にありま。

 

愛想がない人の行動&態度③ 職場以外で会話を「わかりました。」「承知しました。」と一言で終わる

会社の1シーンで、上司から部下に対しての「わかりました。」や「承知しました。」は全然OKなパターンになります。

しかし、職場以外で相手との利害関係が0の用なケースの場合

例えば、昔の同級生であったり、家族の前でも「了解。」「そうだね。」と一言で終わらせてしまうと、受けた側は自分との会話を終わらせたいと思い、無愛想と思われます。

相手が一言で終わらないような、回答を求めるような質問でも一言で終わらせている場合は、愛想が悪い人確定と言えるでしょう。

 

愛想がない人の行動&態度④ 雑談をふっても「そうですね。」と広げない

こちらはビジネスでもプライベートシーンでも良くある“雑談”。

雑談嫌いな人もいるかもしれませんが、相手が何か話題を降った時に「そうですね。」一言で会話が終了してしまうのは無愛想な人あるある。

愛想のある人の場合はそこから質問をしたりして、会話を広げたりと次の会話にもっていきますが愛想がない人はこれができません。

何の話をふったところで、話自体に興味がなく愛想のかけらもないのだろうと思わるのです。そのため、話しかけても面白い話題はないだろうと、話しかけられる機会がすくなることも多いでしょう。

 

愛想がない人の行動&態度⑤ 他人の話に全く同調しない

全く話をすり替える愛想のない男性&女性シリーズ。このタイプはお話はするのですが、全く相手の意見に合わせないのです。

例えば、「自分はこう思うんだけど〇〇はどう思う?」と言われた時に、愛想が良い場合、相手の話に合わせて「そうですね。」「自分もそう思う」とい同調します。

しかし、本当にどうでも良い話でも「違います。」「そう思いません。」とストレートに表現をします。

例え、その相手が上司であっても、全部同意できないことは否定から入るため、可愛げないと思われてしまうのです。

仕事上で意見の対立は良いものの、どうでも良い話でも否定からはいるため、会わせる気がない愛想が悪い人だと思われてしまうのです。

特に女子会などで話に会わせる気がない女性も、無愛想と思われてしまうこともあります。

 

愛想がないのは良いの?悪いの?メリット・デメリットを大公開

ここまで愛想が悪い人の特徴についてお届けしてきましたが、悪いように見えて意外とメリットもあることに気づきます。

では実際に良い事・悪い事を判断することで、自分がこのままで過ごすべきか変更すべきか大事な判断軸になります。しっかりとチェックしてくださいね。

 

良いことはある?愛想がないことによるメリットとは

愛想が良い方が様々なメリットがありますが、ここでは反対に愛想が悪いのがプラスになることをお伝えします。

人によってはプラスになり、他の人にとってはマイナスとなる内容です!

 

愛想がない人のメリット① 余分な会話を減らせる

愛想が悪いことがどんどん続くと、「あの人に話しかけても、会話が成り立たないなど」自然と相手から話しかけられる機会は減ります。

話が減ることにより、無駄な雑談が減るため、会話に使うエネルギーを減らせます。どうでも良い人の会話を減らしたい人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

 

愛想がない人のメリット② 認められれば、信頼される

仕事において全てが全て無愛想がデメリットというわけではありません。

しっかりと仕事で評価している職場で働けていれば、会話は苦手かもしれないけど、結果は残す人物と認められます

口が達者な人物よりも、愛想はないけどしっかりとした地位が確立できるでしょう。

 

愛想がないことによるデメリットとは?

愛想が良いという言葉がある通り、愛想がないとは「愛想がない=愛想が悪い」という言葉で書かれることが多いです。

メリットだけなら意識しなくても良いですが、「悪い」という言葉がある通り、良いに比べてデメリットが多く潜んでいます。

では他人からみた愛想のない人のデメリットをここから紹介していきます。

 

愛想がない人のデメリット① 初対面の人に対しての第一印象は良くない

仲良くなればめっちゃ良い奴というのはわかっているものの、無愛想な人は初めて合った人に対して「よろしく」で一言で終わるケースや、顔を見ないで返事をするケースが多いです。

この対応をされると人によっては「この人はあまり私(他人)のことに興味がないんだな」と思われてしまいます。

すると、仲良くなるまでに時間をかかってしまい、相手のコミュ力が高くない限りコミュニケーションが取りにくくなります。

話しかけられないというメリットにもなりますが、やはり学校や職場で一番最初の印象が悪いと後の行動に影響が出る可能性があるため、デメリットと言えるでしょう。

 

愛想がない人のデメリット② 怒っていると思われてしまう

ぶっきらぼうな返事や、相手の顔や目を見ない返事をしてしまうと、普段から一緒に過ごしている人でも「怒っているのかな?」と感じてしまうケースもあります。

愛想がないと思われている本人は、いつも通りなのに相手から見た印象でキレていると思われるため、怒ってるから話しかけるのは避けようと思われることもしばしば

ひどいケースだと「あの人はいつも怒っている人」というレッテルが張られてしまい、相手が常に緊張してしまうケースも多くあります。

特に部活や職場の後輩と接する時に、いつも通りなのに怒られていると思うと“怖い先輩”という印象も付くのはできれば避けたいものになりますね。

 

愛想がない人のデメリット③ 何を考えているのか理解されにくい

無愛想な人とは反対に感情をたくさん出す人がいますが、感情が豊富な人は今どんな感じかわかりやすいです。しかし、愛想のない人は怒っていると思われる以外にも、何を考えいるかわかりにくいです。

その理由としては良い意味でも悪い意味でも感情が一定で、リアクションをとらないため、「あの人は何を考えているのか」が掴みにくくなります。

チームリーダーであったり、管理する立場の人にとっては、理解をしていないと悩みの種になることはもちろん、恋愛において相手の顔を気にする異性にとっては掴みどころがないという印象になります。友達が本当に楽しんでるのか?と気になることも。

相手が察するだけなら良いですが、もし自分が相手に自分の感情を知ってもらいたいと思っているのに伝わらないのはデメリットと言えるでしょう。

 

愛想がないことは悪い面もあれば、いい面もある

今回は愛想がない人について、細かくお伝えしてきましたが、様々な一面がわかりましたね。

マイナスな印象が強い分、直した方が得になるケースもありますが、人によっては愛想を良くすることにストレスを感じるケースがあります。

今いる自分がどうなりたいかという部分を意識して、次の行動にうつしてみてくださいね。