愛想が悪い女性の特徴&モテない理由|3つの愛想がよくなる方法とは

愛想が悪い女性について徹底解説

「良く愛想が悪いと言われるけど、どんな行動が無愛想なの?」

「愛想が悪いと男性からモテないと言われるけど本当?」

など、愛想という言葉で悩まされている方も多いのではないでしょうか。他人からの評価で「愛想」が決まるため、自分では良くわからないという人もいるはず。

今記事では愛想が悪い女性の特徴やモテない理由についてご紹介していきます。

女性に対する印象について、男性心理について深く知りたい人も必見の内容になります!

 

愛想が悪い女性の特徴

こちらはそんなつもりがなくても「愛想悪いよね」と言われる女性も少ないはず。

では、どのような態度をとっていると無愛想と言われてしまうのか?愛想が悪い女性の特徴を公開します。

 

愛想が悪い女性の特徴① 相手側が何かをした時にお礼を一切言わない

「ありがとう」が全てはないものの、何かをした側というのは、一言お礼の言葉「お疲れ様でした」や「ありがとう」などの言葉が欲しいもの

しかし、愛想が悪いと思われる人はこの一言が言えないケースが多く、何かしてもらった時に無言や「はい。」などで終わらせてしまいます。

こうなると本人はそう思っていても、何かをした側が機械的な人だと思い、「無愛想な女性だ」と繋がるのです。

特に女性の場合は、男性と比べて挨拶ができる人が多いのと、男性が女性は愛嬌をふるまって欲しいという考えから、やってもらうのが当たり前だとしても、この一言で印象ががらっと変わる傾向にあります。

 

 愛想が悪い女性の特徴② 何もしてないのに怒っていると勘違いされる

自分でも確認しやすい特徴の一つになります。

愛想がない人あるあるとして、怒っていると勘違いされやすいです。無表情であるため人がテンション高い時にも関わらず、何もリアクションがしないのもしばしば。

無表情やぶっきらぼうな一言を言ってしまったりと、周りの人と明らかに何か違う空気を醸し出しています。

こうなると周りにいる人は、あの人が怒っているのかな?と思い、顔色を伺いながら近づいてきたり、話しかけられなかったりもします。

良く周りの人が「本当にすみません」「何で怒ってるの?」など言われる人は愛想が悪いといえるでしょう。

 

愛想が悪い女性の特徴③ 人の話を全く聞かない

直接「無愛想な女だな」と男性が思うケースとしては、人の話を全く聞かない女性を指します。

例えば、男性に限らず一生懸命話しているのに、興味がなさそうにしてたり、携帯をいじったりしてしまうケース。

こうなると話をしている側は、話を聞いてくれる女性に対しては愛想があると思い、話を聞かない人には愛想がないと思うのです。

もちろん興味のない人の話は退屈と思ってしまいますが、人が一生懸命話して時に半分無視の状態は愛想が悪いと思われてもしょうがないでしょう。

 

【参考記事】まだまだ愛想が悪い・愛想がない人の特徴についてはこちらをチェック↓

愛想がない人の特徴を全て公開!無愛想な人のメリット&デメリットとは

 

男は顔じゃない?愛想が悪い女性がモテない理由とは?

細かな特徴についてお話をした所でなぜ愛想が悪いと言われると、損なのか?という部分に迫ります。

愛想がないというのは同性関係だけでなく、異性関係にも大きく響く要因に。では、なぜ無愛想な女性はモテないのか?という細かな部分までレクチャーしていきます。

 

大前提!どんなに美人でも愛想が悪いとモテない確率は上がる

「男は女を顔で判断してるでしょ」と思う方もいるかと思いますが、面食い男性であればその答えはYES。

しかし、美人であることは第一印象としては、男性に対しての掴みは良いですが、実際に無愛想となると「やっぱこの人はダメだ」と思われ、男性が離れていくケースも多いです。

無愛想がモテない理由に対しては後ほど細かく解説しますが、大前提としては男性は女性との会話で、顔以外にも態度や行動、などを細かく見ているため、顔が良ければOKという考えは控えておきましょう。

 

愛想が悪い女性がモテない理由① 話していても男性がつまらないと思うため

人は会話を続ける中で、相手との共通点を見つけたりして、どんどん仲を深めていきます。共通点が増えれば増えれる程、親近感が湧くのはそのためです。

しかし、愛想が悪い女性は会話を「はい。」「そうですね」と一言返事になる傾向にあり、さらに表情を変えないことも。

こうなると会話をしようと頑張っている男性にとっては、この人とコミュニケーションがとれないと思い、最終的にはつまらない女性と思われます。

そうなると今後も会話はなくなるため、男性も近づかずモテないに繋がるのです。

 

愛想が悪い女性がモテない理由② 性格が悪いと勘違いされるため

無愛想な人の特徴にも合った通り、目を見なかったり、人の話を聞かないということは、愛想が悪いと思われるだけでなく、性格が悪いと勘違いされてしまうこともあります。

異性関係で性格が悪いと思われてしまうデメリットとしては、彼女となった時に自分の友人、はたまた親に紹介するとなると同じ様な態度を取る可能性をとるのでは?と考えまうこと。

性格が悪いのは自分が我慢できたとしても、今後付き合った後にいろいろな人と会う上ではマイナスになるため、恋愛対象からも外れてしまうのでしょう。

 

愛想が悪い女性がモテない理由③ 自分には好意がないだろうと離れていくため

諦めが早い男性にとっては、目を合わせない、自分の話題に興味がなさそうとなってくると、脈なしかなと勘違いしてしまい

例え自分が好きな男性で合ったとしても、相手の男性にとってはこの子は自分に対して全く好意をもっていないと思ってしまいます。

そうなると本当は恋に発展するはずだった関係性も、男性が諦めてしまうため、結果的にモテないに繋がってしまうのです。

 

無愛想なのを直したい!愛想が悪いから愛想が良いになる方法

ここまで特徴からモテない理由まで説明してきましたが、ここまで言われたら愛想良くなりたいと思う人もいるでしょう。

では、どうすれば「愛想が良い」と思われるのでしょうか。ここからは愛想が良くなる方法について簡単に3つ紹介します。

明日から意識すればできるので、自分の無愛想を直したい方は必見です!

 

愛想が良くなる方法① 相手の話に対して、身体の向きと目線を向ける

愛想が悪いと言われる人の傾向としては、相手の目を見ていないことの他に、身体が相手の方向に向いていないことがあります。

椅子に座っている時に首だけ傾けてたり、携帯に集中するのは論外。大事には身体全体で相手の方向を見ることになります。

例えば座っている時に話しかけられたら、首だけでなく椅子ごと相手の方向に向けることで「貴方の話を聞く体勢が整いました」と意思表示になります。

こうなると相手も「話を聞いてくれるんだ」と話しやすくなり、愛想が良いと思われます。

相手との会話中は携帯を見ない、目線を会わせるは基本として身体も向けるように意識しましょう。

 

愛想が良くなる方法② 相槌を抑揚をつけながら打つ

「へぇ〜」「そうなんですね」「なるほど」など相槌を打つというのは愛嬌が良いと思われる入り口です。

しかし、ただ「へぇ〜」を連発するようでは、「この人話を聞いてない。適当な返事している。」と思われてしまうこともしばしば。

こういう時に大事なのは相手の話題に合わせて相槌を変化させること。ただの「へぇ〜」でも、相手が気持ちが入った時には、こちらも少し大きめのボリュームで「へぇ〜そうなんですね!」と言うだけでも相手が気持ちよくしゃべれます。

逆にまだ序盤の時は、ただ頷くだけでもOK。同じ相槌でも変化させることで、愛想の良さの印象が変わる傾向にあります。

 

愛想が良くなる方法③ できるだけ挨拶をすることを心がける

どうしても今後の第一印象に関わってくるのが一声目の「挨拶」。今の職場や学校内では、既にお互いの印象は決まっているものの、今後の人間関係を作る上で無愛想と思われないのが重要。

そのためにも今の環境でしっかりと挨拶を目を見て話したり、笑顔で言えるようになったりするのが大事になります。

既存の人間関係であれば、挨拶に失敗したところで印象に大きな変化はないため、とにかく慣れるということで積極的に挨拶をするように心がけましょう。

 

どうせなら愛想が良い女性だと思われてみて

今回は女性に絞って、無愛想な人の特徴や愛想が良くなる方法までお伝えしました。

未だに日本は少し古いのですが、女性は男性と違い愛想が良いほうが得になっているのは言うまでもありません。

多数の女性ができているからこそ愛想が悪いとそれだけでマイナスになってしまうことがあります。まずは簡単にできることから、愛想よくしてみてはいかがでしょうか。