紹介から始める恋愛の正しい進み方とは?付き合った経験から語る6つのこと

友達や先輩からの紹介の恋愛は上手くいくのか?

「紹介してもらったけど、恋愛の進め方がよくわからない」

「友達からいい人を紹介してもらうけど上手くいくのかな」

と、人気の出会いでもある「紹介での恋愛」で悩んでいる人も多いでしょう。特に初めて紹介してもらった時にはどのように気をつければ良いのか考えますよね。

今記事ではいい人を紹介してもらった時の恋愛の正しい進め方&付き合うために気をつける点をお届けします。

紹介してもらった人はもちろん、これから紹介してもらう人は必見の内容になります。

 

他の人から紹介してもらう恋愛のメリット&デメリット

進み方の前にまずはおさえておきたいこととして、友達や先輩、同僚などにいい人を紹介するメリット&デメリットを紹介していきます。

通常の恋愛とは違う意識しておく点もあるため、注目していきましょう。

 

他の人から紹介してもらう恋愛のメリット

様々なメリットがありますが、紹介してくれる人が仲の良い人物。例えば、親友や良くしてもらっている先輩の場合には特にメリットが受けられます。

「自分のことを良い人物」と上げてくれたり、「どう思ってるの?」などいい感じでフォローをしてくれるのも強みですね。

また、「〇〇にピッタリだから紹介したい人がいる」といったケースの場合は、実際に自分と相手の相性が良いということを事前に把握してくれます。

そうなると、実際に付き合うという流れまでスムーズに行くといった大きなメリットもあるのです。

 

他の人から紹介してもらう恋愛のデメリット

逆にメリットばかりではなく、通常の恋愛と比べてデメリット部分もあります。

例えば、親戚の紹介などで、無理やり組んだような場では断るのが気まずかったり、付き合った後に別れた時などには親戚などの紹介してくれた人と少し気まずかったりもします。

紹介者とこれからも繋がるからこそ、本当に嫌でもないがしろにできないような点も悪い点と言えるでしょう。

 

紹介から始まる恋愛の正しい進め方とは?

では、実際に紹介から恋愛を初めている人に、会う〜付き合うまでの正しい進め方についてお伝えします。

一対一ではないからこそ、通常とは違うステップがあることに注意していきましょう。

 

紹介恋愛の進め方① 事前に紹介者とコミュニケーションを取る

紹介恋愛の多くのケースは、3人で会うことが多く、3人で会話を展開しないといけません。

この時に重要になってくるのが、どういう話をしていくのか?というのを紹介者と打ち合わせをすること。

相手のことを事前にどういう人なのか?を知っておくのも重要ですが、どういう話題が好きなのか、紹介者とどのような共通の話題があるのかという点が知っていると会話も進めやすいです。

また、相手がどんな温度感で今回の紹介に来るのかも大事で、あまり恋愛のていではないのにグイグイ行くのはイマイチですし、恋愛目的なのにこちらが友達スタンスだと恋の発展は見込ません。

相手がどんな人物かは最低限聞いておき、ベストは今日のゴールは「LINEを聞くこと」「次のデートの約束をとること」「二人きりでその夜に飲みに行くこと」なのかの二人の意思疎通をしておきましょう。

 

紹介恋愛の進め方② 食事・飲み会、当日はできるだけ相手の話を聞くor話す

紹介恋愛が上手くいく秘訣の一つに、やはり会話が成り立ちやすいということ。

特に相手が話すタイプなのか、話さないタイプなのかが事前にわかっていると、こちらが「話し手」か「聞き手」のどちらに回ればいいかわかります。

しっかりと相手との会話を合わすことで最初のコミュニケーションが上手くいき、相手に「居心地が良い人」と思われます

ここまでくれば悪い印象はないため、順調に次に進むことも可能に。進め方①で知っているからこそ、相手との会話に気をつけましょう。

特に相手が聞くようなタイプの時は、自分だけが話すだけでなく相手が好きそうな話題をしっかりと質問することも大切になります。

 

紹介恋愛の進め方③ トイレに行っている間に紹介者に心象を聞いてもらう

食事が始まって約1時間くらいでまずは、自分がトイレに立ちましょう。

この時に大事になるのは、紹介者に事前にトイレに行ったら、自分の印象がどうだったか?を聞いてもらうこと。紹介恋愛ならではの戦法ですね。

次に相手がトイレに立った時に、聞いた印象について聞きましょう。ここで自分の印象が良ければ最高ですし、イマイチならまだ立て直しが可能です

また、二人がいい感じなら紹介者に今度はトイレに行ってもらい、二人で会話を楽しんだりしましょう。

 

紹介恋愛の進め方④ その日のうちに次のデートの日程をきるorLINEを聞く

どんなに楽しい回であっても最終的に次に繋がらないと意味がありません。特に今回の場合はほとんどの場合、“紹介者”という強い味方には自分がいます。

自分で聞いたりするのって勇気がいりますよね。理想は自分で聞くことですが、ここでは紹介者をフルにお願いして、いい感じだった場合は、「次のデートの話題を切り出してもらう」ようにしましょう。

デートが難しい雰囲気なら、二人でLINEでも交換したら?とアシストをしてもらいましょう。

自分が言うのが理想ですが、どうしてもここが苦手な人にとっては、次の連絡に繋がる一手になるでしょう。

 

紹介恋愛の進め方⑤ 次回のデートは二人で行く

さて、二人でいい感じでLINEをしたり、次のデートで決まった時に気になるのが、紹介者はどうするのかという点。

紹介した時は三人でしたが、次のデートは無難に二人がおすすめ。なぜなら、やはり二人だからこそ話せることや、いつまでも紹介者に頼りきりもよくありません

大事なのはサシで離せて居心地がいいかどうか。ここまでは紹介者のおかげで上手くいけたと言っても過言ではないので、デートは二人きりでいきましょう。

何回かデートで告白するorされるで付き合うという流れになるでしょう。

 

紹介恋愛の進め方⑥ 付き合いたい時は紹介者に伝える

数回デートを続けたけど、まだ付き合っていないというパターン。ここで大事になるのが紹介者。

女性で付き合いたいと考えている方は、紹介者を通して相手の男性に「よく思ってるから告白すれば?」と相手の背中を押して貰う。

男性の場合は、紹介者を通して「数回デートしてるけど付き合う気あるの?」と聞いてもらって、前向きだったら告白する方法もありです。

後ひと押しという所も、紹介恋愛なら前に進めれるのも大きなポイントになります。

 

紹介の恋愛だからこそ、上手に行くことも多々ある

今回は会う前から付き合う前までの紹介恋愛についてお伝えしました。

先輩や友達から前向きに紹介された場合には、そこには恋愛のチャンスが多く落ちています。特に紹介者がキューピットとして優秀だとどんどん上手く生きます。

但し、ここで大事になるのが紹介してくれる人に対して、自分がしっかりと心を開くことです。

素直に協力してほしいと頼むことで、紹介者も前向きにフォローしてくれて、恋愛も上手くいくでしょう。