元彼を忘れられない7つの心理的理由とは。未練なのか?謎を紐解きます

元彼のことを忘れられない心理に迫る

「ふとした時に別れた彼氏のことを思い出す」

「今彼がいるのに、元彼のことを忘れられない」

もう区切りをつけたはずの男性にも関わらず、彼氏のことを思い出してしまうという不思議な心理になってしまう女性へ。

今記事では元彼のことを忘れられない理由を心理的に解説していきます。

忘れたいのに忘れられないその理由に迫ります。

 

元彼を忘れられない7つの心理&理由

それでは実際に本題に入っていきます。

自分が振ったor振られたや、自然消滅してしまったなど様々なケースがあることでしょう。

ではもう付き合っていないのに元彼を忘れられないのはどんな理由があるのかチェックしていきましょう!

 

元彼を忘れられない心理&理由① 初めての彼氏だったため

何事も一番最初というものは、新鮮で記憶に残りやすいもの。特に“付き合う”という関係については、女性によっては長い間、憧れていたなんてことも。

そんな“恋”を初めてした相手であるなら、デート場所も初めて行った所も多く、クリスマスなどの記念日も思い出に残りやすいです。

3回目の付き合った彼氏よりも、1回目の彼氏とのクリスマスの過ごし方の方が覚えていることも多く、一番最初の人は記憶に深く入り込んでいるため、忘れられないとなっているでしょう。

このケースは未練は全くないのですが、衝撃的なインパクトで忘れられないことが多いです。

【参考記事】↓

初恋の人を忘れられない5つの理由|初めての人は何で忘れられないのか?

 

元彼を忘れられない心理&理由② 自分のタイプな男性だったため

恋愛をする上で大事なことの要素の一つとしては「自分のタイプ」or「自分のタイプではない」というところ。

特に一番は「顔」がタイプなのかどうか。

付き合う時の条件に顔は必ず入ってくるものの、やはり過ごしやすさなどが歳が経つにつれて勝ってきます。そのため、性格が不一致で別れたりするケースもあり、徐々に顔の優先順位が下がったりすることも。

そういったケースから「顔」がタイプじゃないけど、付き合うということもあり、元彼が今までで一番タイプな人だったら、「ああいう顔が好きなんだよね」と真っ先に思い出してしまう心理があるのです。

自分から振ったケースでもこのように考えてしまうことが多いです。

 

元彼を忘れられない心理&理由③ 過去の男性でNo.1だったため

少し自分の好きなタイプに似ているケースでもありますが、複数人の男性と付き合ってきた女性に多い理由の一つです。

人間、どうしても複数の選択肢があると比べてしまう心理が働き、過去3人の中で顔だけでなく、性格やセンスなど様々な部分でTOP1の元彼は光ります。

これがさらに今の彼氏よりも勝っており、少しでも「元彼の方がよかったかも」と思う時には、確実にNo1の男性になります。

「よかった」という過去の喜びや、「今カレはできない」と言った不満や比較から忘れられないことが多いです。

 

元彼を忘れられない心理&理由④ 自分の全てを受け入れてくれたため

付き合う男性のいいところは顔やファッションセンスなど様々ありますが、中でも一番女性が響くのは「優しさ」。

性格が良いというは「優しさ」という部分が大きく、特に自分がわがままかもしれないという自覚をしている女性にとっては、何でも受け止めてくれる男性の優しさは魅力に移ります。

行きたい所にはつれてってくれたり、毎日LINEや電話は欠かさずしてくれたりと自分のことを思っていてくれたんだと、離れてみて初めて思うことが多いです。

また、今カレがやってくれなかったりすると、やっぱりよかったんだなと思ってしまうケースもしばしばあります。

 

元彼を忘れられない心理&理由⑤ 自分が振られてしまったため

男女限らず、別れの中で一番ひきずりやすいのが自分から振られたケース。振る側がすっきりしてますが、振られる側は大きく未練が残る傾向に。

振られる場合の多くは、自分は好きなまま相手と別れるため、その気持ちに整理をつけることがでないまま離れていってしまいます。

すると相手は清々しいかもしれませんが振られた女性にとっては、モヤモヤとしたまま。こうなってくると好きという気持ちが残っているので忘れられないままズルズルと引きずってしまうのです。

 

元彼を忘れられない心理&理由⑥ 好きなまま別れてしまったため

「好きなまま」は振られたケース以外にも、しょうがなく別れてしまうというケースもあります。

お互いの将来のことを考えたり、遠距離恋愛になったり、仕事の関係上など、カップルによって様々。

ただ、わかっていることは「相手のことがまだ好き」ということだけ。どんなに別れていても、好きという気持ちは簡単に消えず、忘れられない心理が働くのです。

俗に言う元カノ側が未練が残っているケースと言えるでしょう。

 

元彼を忘れられない心理&理由⑦ とにかく大好きだったため

好きなままのケースよりもとにかく感情が先行しているのが「大好きだった」ケース。

理由⑥と違うのは今は好きではないという点で、既に彼氏に対して好きという愛情はありません。

しかし、付き合っていた当初は「何よりも彼氏が大好きだった」という気持ちは本物ということで、なんだか懐かしいなという心理で忘れられないのです。

燃えるような恋をした学生時代の恋などはこの傾向があるのです。

 

無理に忘れるのではなく、思い出の一幕としてするのもアリ

今回は元彼の恋模様について細かくお伝えしましたが、なかなか恋人を忘れるのは難しいものです。

一度は友達以上に深い付き合いをしており、自分の心を許したということもあり、別れても特別な人になります

忘れたい!という気持ちはあるもも、反対に意識するケースもあるため、まずはしっかりとこの現実を受け止めて、そんなことがあったな〜と思えるように前向きに進んでみてはいかがでしょうか。