恋愛ができない人の5つの理由&恋をしたくてもできない原因

恋愛ができない人には理由がある?

「あの人はイケメンなのに何で恋をしないんだろう。」

「自分が恋をしたいのに上手にできない。」

など自分や周りの人が、何で恋愛しないんだろうと疑問に思う方もいるのでしょう。中にはモテるのに恋愛ができないなんて方も。

本記事では恋愛できない人の理由や原因から特徴を大公開していきます。

自分に関して調べている人はもちろん、周りの人に対しての恋愛できない理由について徹底レクチャーしていきます。

 

前提条件、「恋愛できない」と「恋愛しない」は違う

まずははっきりしておきたいのはこの似てるようで少し意味合いが違う2つの言葉について。

恋愛をしないというのは「能動的」に恋愛を望んでいないということ。そのため、恋愛できるけど、恋愛をしないと自分で「恋愛をしない」という方向を決めています

モテて沢山の人に告白をされるけど、今はそういう時期ではないので恋愛をしないというのは自ら選んでいます。

対して「恋愛できない」というのは、恋愛にチャレンジしてみたいという気持ちはあるものの、恋愛に臆病になったり、モテなかったりと他に原因があって上手くいかないことを指します

今記事では「恋愛をしたい」という気持ちはあるものの恋愛できない人に焦点を絞ってご紹介していきます。

 

恋したくてもできない?恋愛できない心理的理由&原因

では恋愛をしたいと思っていても、なぜか恋活をスタートできないという方も多いでしょう。

女性だけでなく男性でも同じような理由が当てはまる方も多いので、男女混合でご紹介していきます。

では心理的な悩みから、外的要因まで恋愛できない理由&原因をご紹介します。

 

恋愛ができない理由&原因① 前の失恋から傷が癒えていないため

もともと、恋愛をしていた人の理由の一つに「昔の恋」というものがあります。

失恋には様々な形があり、片思いで上手くいかなかったり、元カレ・元彼と付き合っていたけど、別れてしまったなど。

昔好きだった人のことを思い出すと、どうしても相手のことが気になってしまい、次の一歩を踏み出せないというケースも多々あります。

特に失恋してから時が早い場合にはこの傾向が強く、時間が経つと悩みが解決するケースも多いでしょう。

恋愛における昔の傷によって、恋愛は今はできないということはよくある原因になります。

 

付き合っている期間が長かった&自分が振られたケースは特に多い

中でも1年以上、2年以上付き合った恋人となると忘れられないケースも多く、恋を引きずりやすくなります。

特に自分が振られたケースとなるとこの傾向が強くなり、相手のことを忘れられないなんてことも。

失恋の傷はもちろん、当分は恋愛はしたくないかなと思い、恋をしないなんてことも多くあるでしょう

 

恋愛ができない理由&原因② 恋愛に対する優先順位が低いため

仕事がすごい忙しい社会人や勉強で追われている学生に多いケースの理由です。

恋愛をしたいという気持ちは強くあるものの、今の生活の中に恋愛が入ってくると時間を使ってしまいます。

今やるべきことがある人にとっては、恋愛は余分な時間を使うものだと思い「仕事・勉強>恋愛」のように、優先順位が低くなってしまいます。

恋愛は二人でするもののため、自分ではコントロールできない時間も多くあります。仕事や勉強など絶対優先すべきものに支障をきたしたくないと思い、知らず知らずのうちに自分の中で恋愛が外に追われてしまいます。

最終的には恋愛をする時間をするなら、他のことをしたいと優先順位が下がってしまい、できなくなってしまうのです。

趣味が充実している人も、趣味に時間を使いたいと思ってしまうケースも同様になります。

 

恋愛ができない理由&原因③ 今の自分に満足しており、今の生活が壊れたくないため

優先順位が低いに少し近いものがあるのが「現状満足」という状況。今の自分の生活に不満がないため、ここに新たなものを付けくわえるのが怖いという心理になります。

周りを見渡しても恋愛をしている人が全てではなく、恋愛をしてない人も多くいます。さらに恋愛をしてなくても楽しんでいます。

そういった現状があるため、自分が恋をしたいと思っても、「恋をすると今の生活が壊されるのでは?」と恐怖に変わります。

すると心の中では恋をしたいという気持ちはあるものの、この満足の状態に壊れてしまうのを恐れて恋ができなくなるというのもあるある。

特に自分の生活が満足している30代や40代の男女に多い現象といえるでしょう。

 

恋愛ができない理由&原因④ 恋愛に対しての自信がないため

よく言われる「自分に自信がない」ケースになります。

恋をしてみたいという気持ちはあるものの、今の自分で本当に良いものか?告白をしたら嫌われるのでは?と自分に対して壁をはってしまいます。

こうなると何を考えていてもマイナスのことにしか考えられなくなり、誰かに拒絶されるのが怖くなり恋愛ができないなんてことも。

女性でも男性でも多いケースで、好きという感情はあるのに「私なんて…」と自分の殻にこもってしまい、前へ進めなくなってしまうのです。

 

恋愛ができない理由&原因⑤ そもそも性格や見た目に問題があるため

自信もある、失恋もしていない、なんなら恋愛をしたい!と思ってるのにできないケース。この場合はストレートに言うと「モテない」というのが問題になっています。つまり、よくある恋愛ができない人の特徴に当てはまっているのです。

恋愛というのは自分が好きという感情だけでなく、相手に好きになってもらわないといけません。相手から好かれないと自分の恋愛感情のみになり、理想としている両想いのような恋愛はできません。

例えば、モテない見た目でよく言われるのは髪の毛がボサボサだったりと清潔感がない状態や、服装がまるで高校生など。

性格で言えば、口を開けば人の悪口を言ったり、人の話を聞かないなど自己中なんて面はモテません。

恋活をする上で一番大切になってくる、相手が一緒にいていたいと思ってもらえるかという点で成り立っていないのです。

直す所は明確ではありますが、よくある恋愛ができない理由になります。

 

恋愛ができない理由は人それぞれ

今回は恋愛をしたくてもできない人の理由について細かくお伝えしました。自分の心理的にハードルがあるケースと、そもそも自分の見た目が原因と様々でしたね。

理由によって対処法だったりも代わってくるので、もし恋愛できないと思ったらまずは一度、自分の中で何が原因かをしっかりと理解してから前に進むとよくなりますよ。